1958年       現地法人母体有志が大使館施設を借用し、毎日曜日に「日本語学校」を設置。講師は母親有志の交代制。以後
            学校正式開設まで10年間休みなく継続。

1967年       日本人会幹事会・法人代表者合同会議にて学校調査小委員会設置。全日制日本人学校設置推進を満場一致
            で可決。

1968年 6月8日  『在イラン日本国大使館付属日本人小学校』として開校。初代学校長は宇山厚特命全権大使。児童数19名、
            政府派遣教員4名でスタート。

1969年 3月     校歌・校章を制定。第1回卒業式。児童生徒数22名。

1970年 5月2日  中学部を開設し、校名を『在イラン日本国大使館付属日本人学校』とする。児童生徒数32名。

1973年 9月     校舎移転落成祝賀式典を開催。児童生徒数87名。

1978年 6月     創立10周年記念日。 記念講話。 児童生徒数281名。

1979年 1月    残留全児童生徒帰国。翌月、革命政権樹立。5月、学校再開。児童生徒数6名。

1980年 9月    イラン・イラク全面戦争突入。空襲警報多発。防空頭巾作成。児童生徒帰国増加。児童生徒数33名。

1983年 6月    創立15周年記念式典開催。児童生徒数18名。

1984年 3月    イラク軍機、テヘラン空爆。トルコエアー特別機にて邦人約200名イラン脱出。児童生徒数43名。

1985年 4月    校長・児童生徒3名のみにて入学式。5月には児童生徒数6名に(大使館員子弟)。

1986年 2月    空襲激化により1週間休校。児童生徒数9名。

1987年 2月    イラク軍、テヘランへミサイル攻撃。翌3月より次年度6月20日まで臨時休校。児童生徒数15名。

1988年 6月    全職員帰校。授業再開。通年7時間授業、夏季休業短縮。
      8月    イラン・イラク戦争停戦。児童生徒数7名。

1989年 2月     創立20周年記念式典。児童生徒数7名。

1991年        この年より、大使館テニスコートにてマラソン大会を実施。児童生徒数27名。

1993年 1月     文部省(当時)より在外教育施設(日本人学校)の認定を受ける。児童生徒数41名。

1997年        この年の学校要覧より『在イラン日本国大使館附属日本人学校』と表記。児童生徒数31名。

1998年 6月     創立30周年記念式典。 児童生徒数33名。

   1999年        全日本バレーボールチーム歓迎。総合的な学習の時間試行(バラミン平原、シャハレ・レイ)児童生徒数33名。

   2000年 4月     新校舎(現校舎)へ移転:ナフト地区からジョルダン地区へ。日本財団よりスクールバス寄贈。児童生徒数27名。
                U-19サッカー日本代表歓迎。外国人学校親善スポーツフェスティバルへ参加。

   2002年        沖縄尚学高校とインターネットテレビ会議を開催。この年よりPTAチェナール祭りを開催。児童生徒数22名。

   2003年12月    イラン南東部で大地震発生。バム遺跡被害。児童生徒数23名。
             
    2008年 6月     開校40周年記念日(8日)に記念式典を開催。児童生徒数24名。

   2011年 3月     東日本大震災。11月、「がんばろう日本」を合言葉に、日本語弁論大会で民謡を演奏。児童生徒数33名。

   2012年5月     運動会にテヘラン日本語補習授業校の児童生徒が参加。11月の学習発表会では踊りなどを披露。


   2016年3月     第44回卒業証書授与式 (小学部4名 中学部1名卒業)

        
2016年4月     入学式 (小学部3名 中学部2名 入学)
 

       2017年4月     入学式 (小学部6名 中学部2名 入学)

| All rights reserved Tehran Japanese School 2014 |

Tehran Japanese School
在イラン日本国大使館附属日本人学校

学校の沿革
 TOP   学校紹介   教育課程   学校行事   学校・学年便り
お問い合わせ   アクセスマップ